平成31年春期試験午前問題 問33

企業が,"特定電子メールの送信の適正化等に関する法律"における特定電子メールに該当する広告宣伝メールを送信する場合に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • SMSで送信する場合はオプトアウト方式を利用する。
  • オプトイン方式,オプトアウト方式のいずれかを選択する。
  • 原則としてオプトアウト方式を利用する。
  • 原則としてオプトイン方式を利用する。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:法務
小分類:セキュリティ関連法規
「オプトイン」と「オプトアウト」は次のような方式です。
オプトイン
事前に同意を得た相手だけにメールを送信する
オプトアウト
メールの送信は原則自由で、受け取りたくない受信者は個別に受信拒否通知を行う
平成20年に施行された特定電子メール法では、無差別かつ大量に短時間の内に送信される迷惑メールを規制するために、取引関係者などの一部の例外を除いて同意者以外の者への広告/迷惑メール送信を禁じています。さらに事業者が広告メールの配信を行う際は、メール配信に先だって相手に承諾を求め、同意を得なければならないことが定められています。つまり広告宣伝メールを配信する際には、原則としてオプトイン方式を利用しなければなりません。

したがって「エ」が適切な記述です。

この問題の出題歴


Pagetop