情報セキュリティマネジメント試験 用語辞典

しんせいせい
真正性
【Authenticity】
情報セキュリティマネジメントの付加的な要素で、利用者、プロセス、システム、情報などが、主張どおりであることを確実する特性のこと。真正性を低下させる例としては、なりすまし行為などがある。
JIS Q 27000では「エンティティは,それが主張するとおりのものであるという特性」と定義されている。
↓ 用語データを見る
分野:
情報セキュリティ
情報セキュリティの考え方
出題歴:
H29年春期問24 
重要度:

出題例

JIS Q 27000:2014(情報セキュリティマネジメントシステム-用語)における真正性及び信頼性に対する定義a~dの組みのうち,適切なものはどれか。

〔定義〕
  1. 意図する行動と結果とが一貫しているという特性
  2. エンティティは,それが主張するとおりのものであるという特性
  3. 認可されたエンティティが要求したときに,アクセス及び使用が可能であるという特性
  4. 認可されていない個人,エンティティ又はプロセスに対して,情報を使用させず,また,開示しないという特性

[出典]情報セキュリティマネジメント 平成29年春期 問24

24.gif
正解 

「情報セキュリティの考え方」の用語

「情報セキュリティ」の他の分野

「セキュリティ」の他のカテゴリ


Pagetop