情報セキュリティマネジメント試験 用語辞典

シラ外
スキャビンジング
【Scavenging】
シュレッダーなどで処理されることなく、企業のゴミ箱にそのまま捨てられている書類等を収集し、重要な情報に再構成する行為。「ごみ漁り」の意がある。ソーシャルエンジニアリングの手法に分類される。
↓ 用語データを見る
別名:
トラッシング
分野:
情報セキュリティ
脅威
重要度:

「脅威」の用語

「情報セキュリティ」の他の分野

「セキュリティ」の他のカテゴリ


Pagetop