情報セキュリティマネジメント試験 用語辞典

シラバス外
SEOポイズニング
【SEO Poisoning】
ウイルスなどを仕込んだ悪意のあるページ(又はそのページへの入口となるページ)に様々なSEO対策を施すことで、Googleなどの検索エンジンで上位に表示させようと図る行為。そのWebサイトには「マルウェアのダウンロード」「不正サイトへのリダイレクト」などの攻撃が仕組まれており、キーワードの検索などによって訪れたユーザが被害に遭う危険がある。
SEO(Search Engine Optimization)とは、Webサイトを制作するときに、Googleなどの検索エンジンの検索で上位に表示されるようにページやサイト全体を最適化することをいう。
↓ 用語データを見る
分野:
情報セキュリティ
サイバー攻撃手法
重要度:

出題例

SEO(Search Engine Optimization)ポイズニングの説明はどれか。

[出典]情報セキュリティ 平成24年秋期 問3

  • Web検索サイトの順位付けアルゴリズムを悪用して,キーワードで検索した結果の上位に,悪意のあるサイトを意図的に表示させる。
  • ウイルス検索エンジンのセキュリティ上の脆弱性を悪用して,システム権限で不正な実行を処理させる。
  • 車などで移動しながら,無線LANのアクセスポイントを探し出して,ネットワークに不正侵入する。
  • ネットワークを流れるパケットから,不正侵入のパターンに合致するものを検出して,管理者への通知や,検出した内容の記録を行う。
正解 

「サイバー攻撃手法」の用語

「情報セキュリティ」の他の分野

「セキュリティ」の他のカテゴリ


Pagetop