情報セキュリティマネジメント令和元年秋期 午前問32

午前問32

技術者の活動に関係する法律のうち,罰則規定のないものはどれか。
  • 公益通報者保護法
  • 個人情報保護法
  • 特許法
  • 不正競争防止法

分類

ストラテジ系 » 法務 » その他の法律・ガイドライン

正解

解説

  • 正しい。公益通報者保護法は、公益を図る内部告発を確保するために、公益通報を行ったことによる不利益から公益通報者を守るための法律です。この法律では、公益通報者に対する解雇の無効、労働派遣契約解除の無効、降格、減給等の不利益扱いの禁止を定める一方、不利益な取扱いを行った事業者に対する罰則規定はありません。
  • 個人情報保護法は、72条から88条に罰則規定が定められています。個人情報取扱事業者は、個人情報を不正な利益を得る目的で第三者に提供した場合、法の定める義務に違反し、個人情報保護委員会の改善命令に従わない場合等に罰則の対象となります。
  • 特許法は、196条から204条に罰則規定が定められています。特許権・専用実施権を侵害した者等は罰則の対象となります。
  • 不正競争防止法は、21条、22条に罰則規定が定められています。不正な手段で営業秘密を取得した者、不正な利益を上げる目的で営業秘密を使用・開示した者、商品・サービスに虚偽の表示をした者等は罰則の対象となります。
data-full-width-responsive="true">
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop