HOME»統計情報

情報セキュリティマネジメント試験の合格率の推移や、受験者数・合格者数などの人数統計をまとめた統計情報のページです。

情報セキュリティマネジメント試験の合格率 その他統計資料

このページではIPAによって公開されている情報処理技術者試験の「統計資料」をもとに、試験の推移がわかりやすいように「Google Chart Tools」を用いたグラフ形式で公開しています。
合格率がどのように変化しているのかなどを見て、次回の試験の難易度を予想したりすることにお役立てください。

受験者数と合格者数の推移

1.受験者数と合格者数の推移

読込み中

年間約3万〜3.5万人が受験しています。これは情報処理技術者試験の12区分のうちでは中位に位置する受験者数です。同じレベル2の基本情報技術者試験の受験者が年間10万人ということを考えるとやや少なく感じます。セキュリティの重要性や資格の認知度が増すのに連れて、今後増加していくことに期待したいです。

2.合格率の推移

初期は情報処理技術者試験の中で飛びぬけて高い合格率だったのですが、当サイトでも予測していたように回を追うごとに合格率が低下しています。30年秋期試験では遂に50%を割り込みました。
要因としては、合格確実な実力を持ち合わせた応用情報や高度試験の合格者・受験者の流入が減っていることと、試験スタートの頃と比べて試験問題が難化していることが挙げられます。私としては、ITSS Lv2の試験ですし30%代後半に落ち着くのではと考えています。

3.合格者の平均年齢、および回ごとの最年少・最高齢合格者年齢

読込み中

統計でみる情報セキュマネ試験は

  • 合格率が高い
  • 受験者数が年間3.5万人
  • 受験者の年齢層が高い
© 2015-2018 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop