HOME»情報セキュリティマネジメント平成31年春期問題

情報セキュリティマネジメント試験 平成31年春期問題

【試験データ】
開催日平成31年4月21日
応募者数18,129人
受験者数-人
合格者数-人
合格率-%
過去問PDF 午前問題  午前解答
 午後問題  午後解答
配布元URLIPA 31年春期試験

平成31年春期 午前問題▼午後問題

No論点分類解説
問1マネジメントレビューで考慮する事項情報セキュリティ管理
問2CCの活動とサービス対象の組合せ情報セキュリティ管理
問3CRYPTRECの役割情報セキュリティ
問4サポートユーティリティ情報セキュリティ管理
問5リスクファイナンシング情報セキュリティ管理
問6リスクレベルの定義はどれか情報セキュリティ管理
問7アカウンタビリティ及び権限をもつ人情報セキュリティ管理
問8情報セキュリティ目的の達成計画情報セキュリティ管理
問9情報資産管理台帳の記入方法情報セキュリティ管理
問10DNSキャッシュボイズニング情報セキュリティ
問11SPFを利用する目的はどれかセキュリティ実装技術
問12アクセス権限情報セキュリティ対策
問13アンチパスバック機能情報セキュリティ対策
問14カードセキュリティコードの取扱方法セキュリティ技術評価
問15IPSの説明はどれか情報セキュリティ対策
問16パスワードリスト攻撃情報セキュリティ
問17プライベートIPアドレスを隠蔽できるものセキュリティ実装技術
問18ペネトレーションテストセキュリティ技術評価
問19TCPポート番号80が使用される理由情報セキュリティ
問20無線LANにおける利用者制限情報セキュリティ対策
問21CAPTCHAに該当するもの情報セキュリティ
問22情報漏えいのリスクの低減策情報セキュリティ対策
問23S/MIMEの利用に関する記述情報セキュリティ
問24XML署名情報セキュリティ
問25データベースのアカウントと権限セキュリティ実装技術
問26メッセージ認証符号の利用目的情報セキュリティ
問27楕円曲線暗号の特徴はどれか情報セキュリティ
問28ハイブリッド暗号方式の特徴情報セキュリティ
問29公開鍵認証方式でのSSH接続セキュリティ実装技術
問30ハニーポットセキュリティ実装技術
問31JIS Q 15001セキュリティ関連法規
問32政府機関等のセキュリティ対策統一基準セキュリティ関連法規
問33特定電子メール法セキュリティ関連法規
問34ファイル作成が禁止されている場合セキュリティ関連法規
問35著作者人格権に該当するもの知的財産権
問36企業Bと労働者Cの関係を表す記述労働関連・取引関連法規
問37システム監査人の独立性システム監査
問38指摘事項として記載すべきものシステム監査
問39監査報告書に記載する指摘事項システム監査
問40保証型の監査と助言型の監査システム監査
問41インシデントに該当するものサービスマネジメントプロセス
問42システム運用におけるデータの取扱いサービスの運用
問43プロジェクトに該当するものはどれかプロジェクトマネジメント
問44クライアントサーバシステムシステムの構成
問45排他制御トランザクション処理
問46メールプロトコルの組合せ通信プロトコル
問47BPOの説明はどれか業務プロセス
問48投資額を回収するための年間利益情報システム戦略
問49ベンダ選定に当たって実施すること調達計画・実施
問50環境対策の観点で実施するもの経営・組織論

平成31年春期 午後問題▲午前問題

Noテーマ解説
問1サイバー攻撃を想定した演習
問2企業における情報セキュリティ管理
問3情報セキュリティの自己点検
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop