情報セキュリティマネジメント平成31年春期 午前問44

午前問44

クライアントサーバシステムの特徴として,適切なものはどれか。
  • クライアントとサーバが協調して,目的の処理を遂行する分散処理形態であり,サービスという概念で機能を分割し,サーバがサービスを提供する。
  • クライアントとサーバが協調しながら共通のデータ資源にアクセスするために,システム構成として密結合システムを採用している。
  • クライアントは,多くのサーバからの要求に対して,互いに協調しながら同時にサービスを提供し,サーバからのクライアント資源へのアクセスを制御する。
  • サービスを提供するクライアント内に設置するデータベースも,規模に対応して柔軟に拡大することができる。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H21秋期 問14

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

クライアントサーバシステムは、システムの機能を、サービスの要求と処理結果の出力の役割をもつ「クライアント」、要求された処理(サービス)を専門に行う「サーバ」に分けた垂直機能分散システムの一種です。

サーバには、データベースサーバ、プリントサーバ、メールサーバ、ファイルサーバなど様々なものがあります。各サーバは特定の処理を行うように独立していますから、各機能の性能向上が容易である特徴があります。
  • 正しい。クライアントサーバシステムの特徴です。
  • 密結合型とは、単一のOSによって複数台のプロセッサを制御する方式です。各サーバにはそれぞれOSが搭載されているので、クライアントサーバシステムは疎結合型となります。
  • クライアントはサービスを要求する側です。
  • サービスを提供するのはサーバです。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop