情報セキュリティマネジメント平成31年春期 午前問49

午前問49

RFIに回答した各ベンダに対してRFPを提示した。今後のベンダ選定に当たって,公正に手続を進めるためにあらかじめ実施しておくことはどれか。
  • RFIの回答内容の評価が高いベンダに対して,選定から外れたときに備えて,再提案できる救済措置を講じておく。
  • 現行のシステムを熟知したベンダに対して,RFPの要求事項とは別に,そのベンダを選定しやすいように評価を高くしておく。
  • 提案の評価基準や要求事項の適合度への重み付けをするルールを設けるなど,選定の手順を確立しておく。
  • ベンダ選定後,迅速に契約締結をするために,RFPを提示した全ベンダに内示書を発行して,契約書や作業範囲記述書の作成を依頼しておく。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H28秋期 問66

分類

ストラテジ系 » システム企画 » 調達計画・実施

正解

解説

RFP(Request for Proposal,提案依頼書)は、情報システムの調達を予定している企業・組織が、発注先候補のITベンダに対して具体的なシステム提案をするように求めること、またはそれらのシステム要件や調達要件を取りまとめた文書をいいます。
  • 特定のベンダに対して有利な条件であるため公正な手続きとはいえません。
  • 特定のベンダに対して有利な条件であるため公正な手続きとはいえません。
  • 正しい。取得者側はRFPの発行にあたり、提案書の評価基準や要求事項適合度の重み付けを含めて、ベンダ選択の手順を確立しておくことが望ましいとされています。
  • 契約交渉におけるユーザとベンダのパワーバランスは、特定のベンダーに内示を与えた時点で、ベンダ側に大きく有利に傾いていまいます。公正な手続きのためには内示書を発行すべきではありません。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop