情報セキュリティマネジメント平成31年春期 午前問42

午前問42

システム運用におけるデータの取扱いに関する記述のうち,最も適切なものはどれか。
  • エラーデータの修正は,データの発生元で行うものと,システムの運用者が所属する運用部門で行うものに分けて実施する。
  • 原始データの信ぴょう性のチェック及び原始データの受渡しの管理は,システムの運用者が所属する運用部門が担当するのが良い。
  • データの発生元でエラーデータを修正すると時間が掛かるので,エラーデータの修正はできるだけシステムの運用者が所属する運用部門に任せる方が良い。
  • 入力データのエラー検出は,データを処理する段階で行うよりも,入力段階で行った方が検出及び修正の作業効率が良い。

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスの運用

正解

解説

この問題に対する解説は、まだ作成されていません。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop