情報セキュリティマネジメント令和元年秋期 午前問50

午前問50

アンケートの自由記述欄に記入された文章における単語の出現頻度などを分析する手法はどれか。
  • アクセスログ分析
  • シックスシグマ
  • テキストマイニング
  • マーケットバスケット分析

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

  • アクセスログ分析は、サーバやコンピュータに記録されたログを分析することです。
  • シックスシグマは、主に製造業において、統計分析手法、品質管理手法を体系的に用いて製品製造工程などの各種プロセスの分析を行い、原因の特定やそれへの対策を行って、不良率の引き下げや顧客満足度の向上などを目指す品質管理手法です。
  • 正しい。テキストマイニングは、対象となる文章を品詞や単語に区切り、それらの出現頻度や出現傾向、出現順などを解析することで有用な情報を得ようとする手法です。ビッグデータ分析に用いられる手法の一つです。
    自然言語の解析は非常に難しい処理ですが機械学習の発展により最近注目される分野となっています。
  • マーケットバスケット分析は、データマイニングで用いられる手法の一つで、顧客が買い物をする際にバスケット(買い物かご)の中に何が一緒に入っているか、何と何が一緒に買われるかを分析する手法です。
data-full-width-responsive="true">
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop