情報セキュリティマネジメント令和元年秋期 午前問7

午前問7

SPF(Sender Policy Framework)の仕組みはどれか。

  • 電子メールを受信するサーバが,電子メールに付与されているディジタル署名を使って,送信元ドメインの詐称がないことを確認する。
  • 電子メールを受信するサーバが,電子メールの送信元のドメイン情報と,電子メールを送信したサーバのIPアドレスから,ドメインの詐称がないことを確認する。
  • 電子メールを送信するサーバが,電子メールの宛先のドメインや送信者のメールアドレスを問わず,全ての電子メールをアーカイブする。
  • 電子メールを送信するサーバが,電子メールの送信者の上司からの承認が得られるまで,一時的に電子メールの送信を保留する。
  • [この問題の出題歴]
  • 情報セキュマネ H30春期 問10

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策

正解

解説

SPF(Sender Policy Framework)は、SMTP接続してきたメールサーバのIPアドレスをもとに、正規のサーバから送られた電子メールかどうかを検証する技術です。受信メールサーバ側にて電子メールの送信元ドメインが詐称されていないかを検査できます。

SPFでは以下の手順で送信元IPアドレスの検証を行います。
  1. 送信側は、送信側ドメインのDNSサーバのSPFレコード(又はTXTレコード)に正当なメールサーバのIPアドレスやホスト名を登録し、公開しておく。
  2. 送信側から受信側へ、SMTPメールが送信される。
  3. 受信側メールサーバは、受信側ドメインのDNSサーバを通じて、MAIL FROMコマンドに記載された送信者メールアドレスのドメインを管理するDNSサーバに問い合わせ、SPF情報を取得する。
  4. SPF情報との照合でSMTP接続してきたメールサーバのIPアドレスの確認に成功すれば、正当なドメインから送信されたと判断する。
07.gif/image-size:558×283
この仕組みを踏まえて各選択肢の正誤を判断します。
  • SPFではディジタル署名を使用しません。記述はDKIM(DomainKeys Identified Mail)の仕組みです。
  • 正しい。SPFの仕組みです。
  • メールアーカイブシステムの仕組みです。
  • 上長承認機能や第三者承認機能などのメールの誤送信を防止するのための仕組みです。
data-full-width-responsive="true">
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop