予想問題vol.3 問2

問2

情報セキュリティにおける"可用性"の説明として,適切なものはどれか。
  • システムの動作と出力結果が意図したものであること
  • 情報が正確であり,改ざんされたり破壊されたりしていないこと
  • 認められた利用者が,必要なときに情報にアクセスできること
  • 認められていないプロセスに対して,情報を非公開にすること
  • [出典]
  • ITパスポート H23秋期 問80

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

情報セキュリティを確保するには機密性,完全性および可用性の3つの概念を維持することが重要とされています。
機密性(Confidentiality)
許可された正規のユーザだけが情報にアクセスできる特性を示す。
完全性(Integrity)
情報が完全で、改ざん・破壊されていない特性を示す。
可用性(Availability)
システムが正常に稼働し続けることの度合い。ユーザが必要な時にシステムが利用可能である特性を示す。
選択肢の説明を各特性に当てはめてみると、
  • ソフトウェア品質特性における機能性の説明です。
  • 完全性の説明です。
  • 正しい。可用性の説明です。
  • 機密性の説明です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop