予想問題vol.4 問15

問15

画像などのディジタルコンテンツが,不正にコピーされて転売されたものであるかを判別できる対策はどれか。
  • タイムスタンプ
  • 電子透かし
  • 電子保存
  • 配達証明
  • [出典]
  • 基本情報技術者 H23特別 問45

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策

正解

解説

電子透かしは、ディジタルコンテンツに作者名・課金情報・コピー可能回数など著作権情報を埋め込む技術です。
通常、電子透かしと言えば目に見えない知覚困難型のことを指し、データの取り出しは専用の検出ソフトで行います。検出したデータを検査することで不正コピーやデータの改ざんは発見できますが、不正コピー自体を防止できるわけではないので電子透かしによって劇的な犯罪防止効果が期待できるわけではありません。
  • タイムスタンプは、電子データがその時刻に存在したこと及びその時刻以後に改ざんされていないことを証明できる機能を付加する時刻認証情報です。タイプスタンプが付与されたファイルの複製は原本と同じ効果をもつため不正コピーを判別することはできません。
  • 正しい。
  • 電子保存は、データを紙媒体でなくディジタル化して保存することですが、ただ保存するだけでは不正コピーへの対策にはなりません。
  • 配達証明は、郵便物を配達した事実を証明するサービスです。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop