予想問題vol.4 問35

問35

公開鍵暗号方式に関する記述として,適切なものはどれか。
  • AESなどの暗号方式がある。
  • RSAや楕円(だえん)曲線暗号などの暗号方式がある。
  • 暗号化鍵と復号鍵が同一である。
  • 共通鍵の配送が必要である。
  • [出典]
  • 基本情報技術者 H22春期 問42

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

  • AES(Advanced Encryption Standard)は、次世代の共通鍵暗号方式で、DESの64ビットよりも大きい128ビット、192ビット、256ビットの3つの鍵長が利用できます。
  • 正しい。公開鍵暗号方式の説明です。以下に代表的な実装方式を簡単に紹介しておきます。
    RSA
    けた数の大きな数の素因数分解に、膨大な時間がかかることを利用した方式。
    楕円曲線暗号
    楕円曲線上の演算規則を利用した方式。
    ElGamal暗号(エルガマル暗号)
    位数が大きな群の離散対数問題が困難であることを利用した方式。
  • 共通鍵暗号方式の説明です。
  • 共通鍵暗号方式の説明です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop