予想問題vol.4 問47

問47

ディレクトリに,読取り,更新,配下のファイル作成のアクセス権を設定できるOSがある。この3種類のアクセス権は,それぞれに1ビットを使って許可,不許可を設定する。この3ビットを8進数表現0〜7の数字で設定するとき,次の試行結果から考えて,適切な記述はどれか。

〔試行結果〕
  • 0を設定したら,一切のアクセスができなくなってしまった。
  • 3を設定したら,読取りと更新はできたが,作成ができなかった。
  • 7を設定したら,すべてのアクセスができるようになった。
  • 2を設定すると,読取りと作成ができる。
  • 4を設定すると,作成だけができる。
  • 5を設定すると,更新だけができる。
  • 6を設定すると,読取りと更新ができる。
  • [出典]
  • 基本情報技術者 H17春期 問67

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策

正解

解説

それぞれの試行結果からわかることは次の通りです。
  • 0を設定したら,一切のアクセスができなくなってしまった。
    →各ビットを0にするとアクセス権は不許可に設定される。
  • 3を設定したら,読取りと更新はできたが,作成ができなかった。
    →10進数で3を設定したときの2進数の各ビットは「011」なので、右の2つのビットそれぞれが「読取り」「更新」のどちらかを設定するビットとわかります。
  • 7を設定したら,すべてのアクセスができるようになった。
    →10進数で7を設定したときの2進数の各ビットは「111」なので、1つ前の試行結果と合わせて最も左のビットは「作成」のアクセス権を設定するビットとわかります。
これを踏まえて各選択肢の記述を検証します。
  • 10進数で2を設定したときの2進数の各ビットは「010」なので、「読取り」「更新」のどちらかが許可に設定され、もう一方は不許可に設定されます。
  • 正しい。10進数で4を設定したときの2進数の各ビットは「100」なので、「作成」のみが許可されます。
  • 10進数で5を設定したときの2進数の各ビットは「101」なので、「作成」と、「読取り」「更新」のどちらかが許可されます。
  • 10進数で6を設定したときの2進数の各ビットは「110」なので、「作成」と、「読取り」「更新」のどちらかが許可されます。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop