予想問題vol.7 問23

問23

クロスサイトスクリプティングの手口に該当するものはどれか。
  • 攻撃者が,スクリプトを用いてWebサイトのOSコマンドを呼び出し,任意のファイルの読出しや変更・削除などの不正操作をする。
  • 攻撃者が,スクリプトを用いて特定のPCへ大量に接続要求を送り出し,通信機能を停止させる。
  • 攻撃者が用意したスクリプトでWebサイトのサービスポートに順次アクセスし,各ポートに対応するサービスに存在するセキュリティ上の弱点を探し出す。
  • 攻撃者が用意したスクリプトを,閲覧者のWebブラウザを介して脆弱なWebサイトに送り込み,閲覧者のWebブラウザ上でスクリプトを実行させる。
  • [出典]
  • 応用情報技術者 H27秋期 問36

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

クロスサイトスクリプティング(XSS)は、動的にWebページを生成するアプリケーションのセキュリティ上の不備を意図的に利用し、サイト間を横断して悪意のあるスクリプトを混入させることでユーザのクッキーを盗むなどの攻撃を行う行為です。
XSS脆弱性のあるWebアプリケーションでは、以下の影響を受ける可能性があります。
  1. サイト攻撃者のブラウザ上で、攻撃者の用意したスクリプトの実行によりクッキー値を盗まれ、利用者が被害にあう。
  2. 同様にブラウザ上でスクリプトを実行され、サイト利用者の権限でWebアプリケーションの機能を利用される。
  3. Webサイト上に偽の入力フォームが表示され、フィッシングにより利用者が個人情報を盗まれる。
  • OSコマンドインジェクションの手口です。
  • DoS攻撃の手口です。
  • ポートスキャンの手口です。
  • 正しい。クロスサイトスクリプティングの手口です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop