予想問題vol.8 問10

問10

DMZ上に公開しているWebサーバで入力データを受け付け,内部ネットワークのDBサーバにそのデータを蓄積するシステムがある。インターネットからDMZを経由してなされるDBサーバへの不正侵入対策の一つとして,DMZと内部ネットワークとの間にファイアウォールを設置するとき,最も有効な設定はどれか。
10.gif/image-size:314×178
  • DBサーバの受信ポート番号を固定し,WebサーバからDBサーバの受信ポート番号への通信だけをファイアウォールで通す。
  • DMZからDBサーバへの通信だけをファイアウォールで通す。
  • Webサーバの発信ポート番号は任意のポート番号を使用し,ファイアウォールでは,いったん終了した通信と同じ発信ポート番号を使った通信を拒否する。
  • Webサーバの発信ポート番号を固定し,その発信ポート番号からの通信だけをファイアウォールで通す。
  • [出典]
  • 情報セキュリティ H22秋期 問6

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策

正解

解説

DMZ上の公開サーバが不正侵入された場合の被害を最小限にとどめるため、DMZから内部ネットワークへ通過させるパケットは最小限の種類であることが望まれます。
設問のシステムで必要となるのはWebサーバからDBサーバへの通信のみなので、ファイアウォールでは発信元がWebサーバ、宛先がDBサーバであるパケットのみ許可するのが適切です。

したがって正解は「ア」になります。
  • 正しい。
  • WebサーバだけでなくDMZ上に設置されているDNSサーバからもDBサーバにアクセス可能となるため不適切です。
  • Webサーバから内部ネットワーク内の任意の端末にアクセス可能なので不適切です。
  • Webサーバから内部ネットワーク内の任意の端末にアクセス可能なので不適切です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop