予想問題vol.10 問48

問48

セキュリティ対策の"予防"に該当するものはどれか。
  • アクセスログをチェックし,不正なアクセスがないかどうかを監視する。
  • コンティンジェンシープランを策定し,訓練を実施する。
  • 重要ファイルのバックアップ処理を定期的に行う。
  • セキュリティに関する社内教育を実施し,個人の意識を高める。
  • [出典]
  • 情報セキュアド H17秋期 問27

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策

正解

解説

情報セキュリティ対策には、「抑止・抑制」「予防・防止」「検知・追跡」「回復」に大別され、情報セキュリティ対策と呼ばれるものはこれらの機能のうち1つ、又は複数を持っています。
  • 検知・追跡に該当します。
  • 回復に該当します。
  • 回復に該当します。
  • 正しい。予防に該当します。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop