予想問題vol.10 問5

問5

リモートアクセス環境において,認証情報やアカウンティング情報をやり取りするプロトコルはどれか。
  • [出典]
  • 情報セキュリティ H26秋期 問19

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » セキュリティ実装技術

正解

解説

RADIUS(Remote Authentication Dial In User Service)は、認証および利用ログの記録を単一のサーバに一元化することを目的としたプロトコルです。
常時接続方式のインターネット接続サービス、無線LAN、VLAN、コンテンツ提供サービスなどのサービス提供者側設備において、認証とアカウンティング(利用の事実の記録)を実現するプロトコルとして広く利用されています。
  • Challenge Handshake Authentication Protocolの略。PPPで利用できる認証プロトコルで、チャレンジレスポンス方式で認証を受ける方式です。
    認証情報をやり取りしますが、アカウンティング情報に関しては規定されていません。
  • Password Authentication Protocolの略。PPPで利用できる認証プロトコルで、IDとパスワードを平文で送って認証を受ける方式です。
    CHAPと同様に認証情報をやり取りしますが、アカウンティング情報に関しては規定されていません。
  • Point-to-Point Tunneling Protocolの略。PPPパケットをIPデータグラムでカプセル化してVPNを作り出す技術です。
  • 正しい。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop