情報セキュリティマネジメント 平成28年秋期 午前問13

午前問13

会社や団体が,自組織の従業員に貸与するスマートフォンに対して,セキュリティポリシに従った一元的な設定をしたり,業務アプリケーションを配信したりして,スマートフォンの利用状況などを一元管理する仕組みはどれか。
  • BYOD(Bring Your Own Device)
  • ECM(Enterprise Contents Management)
  • LTE(Long Term Evolution)
  • MDM(Mobile Device Management)
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H26春期 問40

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ管理

正解

解説

MDM(Mobile Device Management,携帯端末管理)は、企業が社員に支給する複数のスマートフォンやタブレット端末を、遠隔から一元管理するシステムや技術のことです。

MDMで提供される機能は主に次の3つです。
  • 端末状態の制御やセキュリティ設定の一元管理
  • リモートロック/ワイプなどによる紛失・盗難時の情報漏洩対策
  • アプリのインストール禁止機能などによる不正利用の防止
  • BYODは、従業員が私的に保有するPCやスマートフォンなどの情報端末職場に持ち込み、それを業務に利用することです。
  • ECMは、企業や組織におけるコンテンツや文書を1つのパッケージに取り込み、一元的に蓄積・管理・運用を行うシステムや技術です。
  • LTEは、携帯電話の高速通信規格です。
  • 正しい。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop