情報セキュリティマネジメント 平成28年秋期 午前問27

午前問27

ランサムウェアに分類されるものはどれか。
  • 感染したPCが外部と通信できるようプログラムを起動し,遠隔操作を可能にするマルウェア
  • 感染したPCに保存されているパスワード情報を盗み出すマルウェア
  • 感染したPCのキー操作を記録し,ネットバンキングの暗証番号を盗むマルウェア
  • 感染したPCのファイルを暗号化し,ファイルの復号と引換えに金銭を要求するマルウェア

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

ランサムウェア(Ransomware)は、身代金(ransom)とウェア(ware)を合わせた造語で、他人のコンピュータのデータを勝手に暗号化することで正常にアクセスできない状態にし、元に戻すための復元プログラムを買うように迫るコンピュータウイルスです。たとえ金銭を支払ってもデータが元に戻る保証はないため、データ回復のためには定期的なバックアップの取得が望まれます。

したがって「エ」が正解です。

IPAではランサムウェアへの対策として以下の4点を挙げています。
  1. 定期的にバックアップを取得する(最重要)
  2. OSおよびソフトウェアを常に最新の状態に保つ
  3. セキュリティソフトを導入し、定義ファイルを常に最新の状態に保つ
  4. メールやSNSの添付ファイルや本文中のURLに注意する
  • ボットプログラムに分類されます。
  • スパイウェアに分類されます。
  • キーロガーに分類されます。
  • 正しい。ランサムウェアに分類されます。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop