情報セキュリティマネジメント 平成28年春期 午前問22

午前問22

クリックジャッキング攻撃に該当するものはどれか。
  • Webアプリケーションの脆弱性を悪用し,Webサーバに不正なリクエストを送ってWebサーバからのレスポンスを二つに分割させることによって,利用者のブラウザのキャッシュを偽造する。
  • WebサイトAのコンテンツ上に透明化した標的サイトBのコンテンツを配置し,WebサイトA上の操作に見せかけて標的サイトB上で操作させる。
  • Webブラウザのタブ表示機能を利用し,Webブラウザの非活性なタブの中身を,利用者が気づかないうちに偽ログインページに書き換えて,それを操作させる。
  • 利用者のWebブラウザの設定を変更することによって,利用者のWebページの閲覧履歴やパスワードなどの機密情報を盗み出す。
  • [この問題の出題歴]
  • 情報セキュリティ H24春期 問1

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

クリックジャッキング攻撃は、攻撃者が用意したWebページの前面に透明化した別のWebページを重ねることでユーザを視覚的にだまし、正常に視認できるWebページ上をクリックさせることで、透明化したWebページのコンテンツを操作させる攻撃です。
22.gif/image-size:184×210
ユーザのクリックを奪うという攻撃の特徴からクリック・ジャッキングと呼ばれます。
  • HTTPレスポンス分割攻撃の説明です。
  • 正しい。クリックジャッキング攻撃の説明です。
  • タブナビング(Tabnabbing)攻撃の説明です。
  • スパイウェアの説明です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop