情報セキュリティマネジメント 平成28年春期 午前問26

午前問26

パスワードリスト攻撃の手口に該当するものはどれか。
  • 辞書にある単語をパスワードに設定している利用者がいる状況に着目して,攻撃対象とする利用者IDを定め,英語の辞書にある単語をパスワードとして,ログインを試行する。
  • 数字4桁のパスワードだけしか設定できないWebサイトに対して,パスワードを定め,文字を組み合わせた利用者IDを総当たりに,ログインを試行する。
  • パスワードの総文字数の上限が小さいWebサイトに対して,攻撃対象とする利用者IDを一つ定め,文字を組み合わせたパスワードを総当たりに,ログインを試行する。
  • 複数サイトで同ーの利用者IDとパスワードを使っている利用者がいる状況に着目して,不正に取得した他サイトの利用者IDとパスワードの一覧表を用いて,ログインを試行する。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

パスワードリスト攻撃とは、複数のサイトで同一のID・パスワードの組合せを使用している利用者が多いという傾向を悪用し、あるサイトに対する攻撃などによって得られたIDとパスワードのリストを用いて、別のサイトへの不正ログインを試みる攻撃です。
この攻撃に対しては、利用者側で「パスワードの使いまわしをやめる」ことや、管理者側で「2段階認証を行う」「ログイン履歴を表示し、利用者に確認してもらう」などの対策が考えられます。

したがって正解は「エ」です。
  • 辞書攻撃に該当します。
  • リバースブルートフォースアタック攻撃(逆総当たり攻撃)に該当します。
  • ブルートフォース攻撃(総当たり攻撃)に該当します。
  • 正しい。パスワードリスト攻撃に該当します。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop