情報セキュリティマネジメント 平成29年秋期 午前問29

午前問29

HTTP over TLS(HTTPS)を用いて実現できるものはどれか。
  • Webサーバ上のファイルの改ざん検知
  • Webブラウザが動作するPC上のマルウェア検査
  • Webブラウザが動作するPCに対する侵入検知
  • ディジタル証明書によるサーバ認証
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H25春期 問44
  • 応用情報技術者 H19春期 問76

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » セキュリティ実装技術

正解

解説

HTTPS(HTTP over TLS)は、WebサーバとWebブラウザがデータを安全に送受信するために、TLSプロトコルによって生成されるセキュアな通信経路上でデータのやり取り(HTTP通信)を行う方式です。HTTPプロトコルは、平文のままで情報をやり取りするため、個人情報の送信や電子決済などセキュリティが重要となる通信に使うことには危険が伴います。TLSから提供される通信の暗号化、ディジタル証明書を用いたノードの認証、改ざん検出などの機能を使用することで、HTTPS通信を「なりすまし」や「盗聴」による攻撃から通信を保護できるようになっています。

TLSでは、クライアントがサーバに接続を要求すると、サーバはクライアントに対してディジタル証明書(公開鍵証明書,サーバ証明書)を提示することになっています。クライアントはこのディジタル証明書を検証することで、これから暗号化通信を行おうとするサーバの正当性を確認できます。

したがって答えは「ディジタル証明書によるサーバ認証」になります。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop