情報セキュリティマネジメント 平成29年春期 午前問48

午前問48

システム企画段階において業務プロセスを抜本的に再設計する際の留意点はどれか。
  • 新たな視点から高い目標を設定し,将来的に必要となる最上位の業務機能と業務組織のモデルを検討する。
  • 業務改善を積み重ねるために,ビジネスモデルの将来像にはこだわらず,現場レベルのニーズや課題への対応を重視して業務プロセスを再設計する。
  • 経営者や管理者による意思決定などの非定型業務ではなく,購買,製造,販売,出荷,サービスといった定型業務を対象とする。
  • 現行業務に関する組織,技術などについての情報を収集し,現行の組織や業務手続に基づいて業務プロセスを再設計する。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H27秋期 問62

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

業務プロセスを抜本的に見直し再設計する手法は、BPR(Business Process Reengineering)と呼ばれます。BPRを実施する際には、業務プロセス、組織、規定など全ての要素をゼロベースで見直し、十分な検討により設定された将来のあるべき姿を実現するためにそれらを最良のものに再構築します。
  • 正しい。将来のあるべき姿(ベストプラクティス)を目標として再設計を行います。
  • ビジネスモデルの将来像を検討し、それに向けて再設計を行います。
  • 改革の対象には業務プロセスだけではなく、組織や規定の見直しも含まれます。
  • 現在の組織や業務内容に関わらずゼロベースで見直します。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop