情報セキュリティマネジメント 平成29年春期 午前問50

午前問50

企業活動におけるBCPを説明したものはどれか。
  • 企業が事業活動を営む上で,社会に与える影響に責任を持ち,あらゆるステークホルダからの要求に対し適切な説明を果たすための取組のこと
  • 形式知だけでなく,暗黙知を含めた幅広い知識を共有して活用することで,新たな知識を想像しながら経営を実践する経営手法のこと
  • 災害やシステム障害など予期せぬ事態が発生した場合でも,重要な業務の継続を可能とするために事前に策定される行動計画のこと
  • 組織体の活動に伴い発生するあらゆるリスクを,統合的,包括的,戦略的に把握,評価,最適化し,価値の最大化を図る手法のこと
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H21春期 問75

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 経営・組織論

正解

解説

BCP(Business Continuity Plan,事業継続計画)は、予期せぬ災害が発生した場合に、企業の存続において最も重要度の高い最低限の事業を継続、または早期に復旧・再開できるように決めておく企業の行動計画です。
地震・洪水などの自然災害、テロ、新型インフルエンザ、および大規模なシステム障害などの企業活動の継続が危ぶまれる危機が世界各地で発生しているため企業のBCPへの関心は高まってきています。
  • アカウンタビリティ(企業の説明責任)のことです。
  • ナレッジマネジメントの説明です。
  • 正しい。BCPの説明です。
  • リスクマネジメントの説明です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop