情報セキュリティマネジメント 平成30年秋期 午前問24

午前問24

伝達したいメッセージを画像データなどのコンテンツに埋め込み,埋め込んだメッセージの存在を秘匿する技術はどれか。
  • CAPTCHA
  • クリックジャッキング
  • ステガノグラフィ
  • ストレッチング

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策

正解

解説

ステガノグラフィ(Steganography)とは、音声や画像などのデータの中に、別のデータ(多くの場合文字列)を秘密裏に埋め込む技術や考え方のことです。ディジタルデータの世界では著作物に著作者名や利用者の情報などを埋め込む「電子透かし技術」として応用されています。

したがって「ウ」が正解です。
  • CAPTCHAは、認証やデータ送信の際に、ゆがめたり一部を隠したりした画像から文字を判読させ入力させることで、人間以外による自動入力を排除する仕組みです。
  • クリックジャッキングは、Webページ上のコンテンツをクリックしようとしたユーザを視覚的にだまし、攻撃者が用意した外部サイトのWebページ上をクリックさせる行為です。
  • 正しい。
  • ストレッチングは、ハッシュ化したパスワードを更にハッシュ化するという手順を何回も繰り返して行うことで、攻撃者によるパスワード解析(主にオフライン総当たり攻撃)を困難にする手法です。
© 2015-2018 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop