情報セキュリティマネジメント 平成30年春期 午前問12

午前問12

WAFの説明はどれか。
  • Webサイトに対するアクセス内容を監視し,攻撃とみなされるパターンを検知したときに当該アクセスを遮断する。
  • Wi-Fiアライアンスが認定した無線LANの暗号化方式の規格であり,AES暗号に対応している。
  • 様々なシステムの動作ログを一元的に蓄積,管理し,セキュリティ上の脅威となる事象をいち早く検知,分析する。
  • ファイアウォール機能を有し,マルウェア対策機能,侵入検知機能などの複数のセキュリティ機能を連携させ,統合的に管理する。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H28秋期 問42

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策

正解

解説

WAF(Web Application Firewall)は、通過するパケットのIPアドレスやポート番号だけでなくペイロード部(データ部分)をチェックすることで、Webアプリケーションに対する攻撃を検知し、遮断することが可能なファイアウォールです。チェックされる内容には「URLパラメタ」や「クッキーの内容」などのHTTPヘッダ情報や、「POSTデータの内容」などのメッセージボディ部などがあります。
本来、Webシステムへの攻撃はWebアプリケーション側で対処すべき問題ですが、脆弱性のないWebアプリケーションを作成するためには専門的な知識や技術が必要であるため、全てのWebアプリケーションのセキュリティ対策を万全にすることは難しいのが現実です。WAFはこのようなセキュリティ対策の不十分さを補完し、Webアプリケーションの堅牢性を高める役割をもちます。
  • 正しい。WAFの説明です。
  • WPA2(Wi-Fi Protected Access 2)の説明です。
  • SIEM(Security Information and Event Management)の説明です。
  • UTM(Unified Threat Management)の説明です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop