情報セキュリティマネジメント 平成30年春期 午前問37

午前問37

複数のシステム間でのデータ連携において,送信側システムで集計した送信データの件数の合計と,受信側システムで集計した受信データの件数の合計を照合して確認するためのコントロールはどれか。
  • アクセスコントロ−ル
  • エディットバリデーションチェック
  • コントロールトータルチェック
  • チェックデジット

分類

マネジメント系 » システム監査 » 内部統制

正解

解説

  • アクセスコントロ−ルは、参照可能な資源および許可する操作を、利用者の属性ごとに適切に制御することで機密性を高める機能です。
  • エディットバリデーションチェックは、ユーザにより入力された値が「範囲内に収まっているか」や「論理的に正しいか」「決められたフォーマットになっているか」など、システムが予定されている形式であるかを確認することで入力値の正確性を高める機能です。
  • 正しい。コントロールトータルチェックは、入力された数値の合計と出力される数値の合計を都度照合することでデータ処理の完全性を高める機能です。
  • チェックデジットは、元の符号から規則によって算出された数字を元の符号に付加することで、符号の入力誤りなどを検出する方法です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop