情報セキュリティマネジメント 平成30年春期 午前問7

午前問7

JIS Q 27002:2014(情報セキュリティ管理策の実践のための規範)でいう特権的アクセス権の管理について,情報システムの管理特権を利用した行為はどれか。
  • 許可を受けた営業担当者が,社外から社内の営業システムにアクセスし,業務を行う。
  • 経営者が,機密性の高い経営情報にアクセスし,経営の意思決定に生かす。
  • システム管理者が,業務システムのプログラムにアクセスし,バージョンアップを行う。
  • 来訪者が,デモンストレーション用のシステムにアクセスし,システム機能の確認を行う。
  • [この問題の出題歴]
  • 情報セキュマネ H28春期 問8

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策

正解

解説

特権的アクセス権とは、システム上のあらゆる作業を可能にする強力な操作権限のことで、システムを管理する役割を持つ管理者ID/特権ユーザなどに与えられます。管理者がシステムを運用する際に使用され、一般の利用者権限では実施できない「ユーザの追加・削除」「システムの設定変更」「ソフトウェアのインストール/アップデート」「ログの操作」などの作業を行うために必要となります。

選択肢のうち、特権的アクセス権が必要な作業は、システム管理者がシステムの変更を行う「ウ」だけです。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop