HOME»情報セキュリティマネジメント試験掲示板»平成30年度春期問題について

情報セキュリティマネジメント試験掲示板

掲示板検索:
スレッド一覧

平成30年度春期問題について[0337]

名無しさん(No.1)

(2) 本文中の下線D義務規定について,次の(@)〜(E)のうち,Z社が保護法に定める努力義務規定以外の義務規定に違反するおそれがあるものだけを全て挙げた組合せを,解答群の中から選べ。

この問題についてですが解説を見ると個人情報保護法より〜という記述がありましたが
問題文と選択肢を照らし合わせても分かたないから予め個人情報保護法を頭に入れておかないと
解けない問題なのでしょうか?

2019.01.01 00:53
DaiDai_Papさん(No.2)

個人情報保護法の目的とその目的を実現するためにどのような個人情報を保護の対象にしているかさえ理解していれば解ける問題ではないでしょうか?
選択肢(@)は統計資料なので個人を特定できない。(A)は安全措置は講じている。(B)個人を特定できた。(C)は?(D)と(E)は、加工した匿名情報から個人を識別できてしまう。
ここまでで、(B)(D)(E)を含まない選択肢は排除できる。すると残るのは、エとキ。(@)は個人を特定できないからキが残ります。(C)は分かりませんが、他に候補の解答が用意されていないのでキを選択しました。こんな感じですが質問の答えになっていますでしょうか?
知っている知識を総動員すれば、なんとかなると思います。

2019.01.04 11:28

【返信投稿用フォーム】

お名前(10文字以内)

顔アイコン


本文(2000文字以内)

記事削除用パスワード(8文字以内)

プレビュー

※宣伝や迷惑行為を防止するため当サイトとIPAサイト以外のURLを含む記事の投稿は禁止されています。

投稿記事削除用フォーム

投稿No. パスワード 
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop