予想問題vol.8 問27

問27

認証局が送信者に発行したディジタル証明書を使用して送信者又は受信者が行えることはどれか。
  • 受信した暗号文を復号して,盗聴を検知する。
  • 受信した暗号文を復号して,メッセージが改ざんされていないことと送信者が商取引相手として信頼できることを確認する。
  • 受信したメッセージのディジタル署名を検証して,メッセージが改ざんされていないこととメッセージの送信者に偽りのないことを確認する。
  • メッセージにディジタル署名を添付して,盗聴を防止する。
  • [出典]
  • 情報セキュリティ H23特別 問7

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

  • 改ざんを検知することはできますが、盗聴を検知することはできません。
  • 商取引相手の信用度まで確認することはできません。
  • 正しい。ディジタル署名でメッセージの完全性の検証し、ディジタル証明書に付された公開鍵を検証することで送信者の真正性を確認できます。
  • ディジタル署名の添付では盗聴を防止することはできません。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop