予想問題vol.13 問19

問19

プロバイダ責任制限法によって,プロバイダの対応責任の対象となり得る事例はどれか。
  • 書込みサイトへの個人を誹謗(ひぼう)中傷する内容の投稿
  • ハッカーによるコンピュータへの不正アクセス
  • 不特定多数の個人への宣伝用の電子メールの送信
  • 本人に通知した目的の範囲外での個人情報の利用
  • [出典]
  • ITパスポート H23秋期 問28

分類

ストラテジ系 » 法務 » セキュリティ関連法規

正解

解説

プロバイダ責任制限法は、インターネットでのウェブページや電子掲示板などへの投稿のように不特定多数の者が閲覧する通信について、プロバイダ等の「損害賠償責任の制限」および、それらの通信で損害を被った者に与えられる「発信者情報の開示請求権」を定めた法律です。
  • 正しい。
  • 不正アクセス禁止法で規制されます。
  • 迷惑メールを規制するために施行された、特定電子メール法で規制されます。
  • 個人情報保護法で規制されます。
電子掲示板の運営者やサーバ管理者なども含まれる
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop