予想問題vol.13 問42

問42

独占禁止法の目的として,適切なものはどれか。
  • 公正かつ自由な競争を促進する。
  • 国際的な平和及び安全の維持を阻害する取引を防止する。
  • 製造物の欠陥によって損害が生じたときの製造業者の責任を定める。
  • 特許権者に発明を実施する権利を与え,発明を保護する。
  • [出典]
  • 基本情報技術者 H27秋期 問80

分類

ストラテジ系 » 法務 » 労働関連・取引関連法規

正解

解説

独占禁止法は、正式名称を「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」といい、公正かつ自由な競争を促進し、事業者が自主的な判断で自由に活動できるようにするために定められている法律です。

この法律の規制内容は次に挙げるような正常な市場メカニズムを阻害する行為です。
  1. 私的独占
  2. 不当な取引制限()
  3. 事業者団体の規制
  4. 合併や株式取得などの企業結合規制
  5. 独占的状態
  6. 不公正な取引方法
  • 正しい。独占禁止法の目的です。
  • 外国為替及び外国貿易法の目的です。
  • 製造物責任法の目的です。
  • 特許法の目的です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop