予想問題vol.13 問43

問43

申請や届出などの行政手続きをインターネットで実現させる電子申請の特徴はどれか。
  • 申請・届出書が提出されたと認められるのは送信した時点である。
  • 代理人ではなく本人に限り申請を行うことができる。
  • 手数料の納付は,クレジットカードに限定されている。
  • 本人確認のため,電子署名や電子証明書を使用することができる。
  • [出典]
  • 情報セキュアド H20秋期 問49

分類

ストラテジ系 » 法務 » セキュリティ関連法規

正解

解説

  • 申請・届出書が提出されたと認められるのは受信した時点です。
  • 代理人をシステムの登録することで可能となります。
  • 手数料の納付にはインターネットバンキングやATMから支払いが可能なPay-easy(ペイジー)の仕組みが使われています。
  • 正しい。電子証明書には本人確認を行った後に発行される「住基カード」や「マイナンバーカード」が使用できます。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop