予想問題vol.13 問46

問46

不正アクセス禁止法において,不正アクセス行為に該当するものはどれか。
  • 会社の重要情報にアクセスし得る者が株式発行の決定を知り,情報の公表前に当該会社の株を売買した。
  • コンピュータウイルスを作成し,他人のコンピュータの画面表示をでたらめにする被害をもたらした。
  • 自分自身で管理運営するホームページに,昨日の新聞に載った報道写真を新聞社に無断で掲載した。
  • 他人の利用者ID,パスワードを許可なく利用して,アクセス制御機能によって制限されているWebサイトにアクセスした。
  • [出典]
  • 基本情報技術者 H23特別 問80

分類

ストラテジ系 » 法務 » セキュリティ関連法規

正解

解説

不正アクセス禁止法は、コンピュータネットワークに接続できる環境で、本人の承諾なしに他人のID・パスワードを使って認証が必要なページに接続する行為、および、本人に許可なく第三者へIDとパスワードを教えるなどの助長行為の禁止を定めた法律です。
  • 金融商品取引法上の規制される行為であるインサイダー取引です。
  • 電子計算機損壊等業務妨害罪に該当する行為です。
  • 著作権侵害となる行為です。
  • 正しい。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop