情報セキュリティマネジメント 平成28年秋期 午前問44

午前問44

プロジェクトに関わるステークホルダの説明のうち,適切なものはどれか。
  • 組織の外部にいることはなく,組織の内部に属している。
  • プロジェクトの成果が,自らの利益になる者と不利益になる者がいる。
  • プロジェクトへの関与が間接的なものにとどまることはなく,プロジェクトには直接参加する。
  • プロジェクトマネージャのように,個人として特定できることが必要である。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H27春期 問52

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » ステークホルダマネジメント

正解

解説

ステークホルダ(stakeholder)とは、従業員、顧客、株主、得意先、地域社会などのように、そのプロジェクトと利害関係をもつ者です。
  • 組織外部の利害関係者もステークホルダに含まれます。
  • 正しい。ステークホルダには、そのプロジェクトが利益になる者、損害になる者の両方が含まれます。
  • ステークホルダには直接的にプロジェクトにかかわる者だけではなく、間接的に利害関係を有する存在も含まれます。
  • ステーホルダが企業や機関、地域社会などのように個人ではない場合もあります。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop