情報セキュリティマネジメント 平成28年秋期 午前問43

午前問43

メールサーバのディスクに障害が発生して多数の電子メールが消失した。消失した電子メールの復旧を試みたが,2週間ごとに行っている磁気テープへのフルバックアップしかなかったので,最後のフルバックアップ以降1週間分の電子メールが回復できなかった。そこで,今後は前日の状態までには復旧できるようにしたい。対応策として,適切なものはどれか。
  • 2週間ごとの磁気テープへのフルバックアップに加え,毎日,磁気テープへの差分バックアップを行う。
  • 電子メールを複数のディスクに分散して蓄積する。
  • バックアップ方法は今のままとして,メールサーバのディスクをミラーリングするようにし,信頼性を高める。
  • 毎日,メールサーバのディスクにフルバックアップを行い,2週間ごとに,バックアップしたデータを磁気テープにコピーして保管する。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H20秋期 問39

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスの運用

正解

解説

  • 正しい。障害発生時にはフルバックアップを適用した後に、差分バックアップを適用することで前日の状態までに回復させることが可能です。
  • 同じデータを複数のディスクに複製配置するのであれば障害対策になりますが、単に分散するだけでは障害が発生した方のディスクに記録されたデータはフルバックアップ時の状態までにしか復旧できません。
  • データが消失することは避けられますが、バックアップから回復する手順が用意されていないため不適切です。
  • バックアップは回復対象とは別の媒体に記録しなくては意味がありません。メールサーバのディスクに記録されているバックアップはディスク障害によって消失してしまうため、直前までの回復を行うことができません。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop