情報セキュリティマネジメント 平成28年秋期 午前問46

午前問46

E-R図に関する記述として,適切なものはどれか。
  • 関係データベースの表として実装することを前提に表現する。
  • 管理の対象をエンティティ及びエンティテイ間のリレーションシップとして表現する。
  • データの生成から消滅に至るデータ操作を表現する。
  • リレーションシップは,業務上の手順を表現する。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H24春期 問28

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

E-R図(Entity Relationship Diagram)は、データベース化の対象となる実体(エンティティ)と実体の持つ属性(アトリビュート)、および実体間の関連(リレーションシップ)を表現する図です。
任意のオブジェクトをその関連をデータモデル化する方ことができますが、関係データベースの設計によく利用されます。
46.gif/image-size:383×151
  • E-R図の用途は関係データベース用のモデリングに限らず、任意のオブジェクト(実体)とその関連を記述するのに使用可能です。
  • 正しい。
  • DFD(Data Flow Diagram)に関する記述です。
  • リレーションシップは、実体がもつ関連を表現します。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop