情報セキュリティマネジメント 平成28年秋期 午前問47

午前問47

IPアドレスの自動設定をするためにDHCPサーバが設置されたLAN環境の説明のうち,適切なものはどれか。
  • DHCPによる自動設定を行うPCでは,IPアドレスは自動設定できるが,サブネットマスクやデフォルトゲートウェイアドレスは自動設定できない。
  • DHCPによる自動設定を行うPCと,IPアドレスが固定のPCを混在させることはできない。
  • DHCPによる自動設定を行うPCに,DHCPサーバのアドレスを設定しておく必要はない。
  • 一度IPアドレスを割り当てられたPCは,その後電源が切られた期間があっても必ず同じIPアドレスを割り当てられる。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)は、TCP/IPネットワークで、ネットワークに接続するノードへのIPアドレスの割り当てをアドレスプールから自動的に行うプロトコルです。
  • DHCPはサブネットマスクやデフォルトゲートウェイも自動で設定します。
  • 固定IPアドレスを自動割り当ての範囲から除外することで混在が可能です。
  • 正しい。IPアドレスの割り当てを要求するPCは、まず自ネットワークに「DHCP発見パケット」をブロードキャストします。「DHCP発見パケット」を受け取ったDHCPサーバは、使用可能なIPアドレスとサブネットマスクなどのネットワーク設定をクライアントに通知します。IPアドレスの自動割り当ては、このような手順で行われるため、DHCPサーバのアドレスをあらかじめPCに設定しておく必要はありません。
  • 電源がONになった際に、DHCPサーバとPCの間でIPアドレス割り当てのやり取りが行われます。DHCPによって割り当てられるIPアドレスは空いているものからランダムに選ばれるため前回と同じとは限りません。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop