情報セキュリティマネジメント 平成28年秋期 午前問49

午前問49

共通フレームによれば,企画プロセスにおいて明確にするものはどれか。
  • 新しい業務の在り方や手順,入出力情報,業務上の責任と権限,業務上のルールや制約などの事項
  • 業務要件を実現するために必要なシステムの機能,システムの開発方式,システムの運用手順,障害復旧時間などの事項
  • 経営・事業の目的,目標を達成するために必要なシステムに関係する経営上のニーズ,システム化又はシステム改善を必要とする業務上の課題などの事項
  • システムを構成するソフトウェアの機能及び能力,動作のための環境条件,外部インタフェース,運用及び保守の方法などの要求事項
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H27春期 問66

分類

ストラテジ系 » システム企画 » システム化計画

正解

解説

共通フレームでは、企画プロセスの目的を次のように説明しています。

「企画プロセスの目的は、経営事業の目的、目標を達成するために必要なシステムに関係する要求事項の集合とシステム化の方針、及びシステムを実現するための実施計画を得ることである。」

企画プロセスが実施されると、経営層及び各部門からシステムに関係する要求事項が集められ、システム化の範囲などの基本的なアーキテクチャが定義されることになります。
  • 要件定義プロセスの「業務要件の定義」で明確にします。
  • 要件定義プロセスの「機能要件/非機能要件の定義」で明確にします。
  • 正しい。企画プロセスで明確にするものです。
  • 開発プロセスの「システム要件定義」で明確にします。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop