情報セキュリティマネジメント 平成28年秋期 午前問50

午前問50

マトリックス組織を説明したものはどれか。
  • 業務遂行に必要な機能と利益責任を,製品別,顧客別又は地域別にもつことによって,自己完結的な経営活動が展開できる組織である。
  • 構成員が,自己の専門とする職能部門と特定の事業を遂行する部門の両方に所属する組織である。
  • 購買・生産・販売・財務など,仕事の専門性によって機能分化された部門をもつ組織である。
  • 特定の課題の下に各部門から専門家を集めて編成し,期間と目標を定めて活動する一時的かつ柔軟な組織である。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 経営・組織論

正解

解説

マトリックス組織は、従来の職能別組織にそれら各機能を横断するプロジェクトまたは製品別事業などを交差させた組織形態です。他部門とのかかわりが推進されることで部門間の壁が薄くなり、全体的な視点をもって業務を行えるようになるという特徴があります。しかし、1人の担当者が複数の管理者から指示を受けることになるため、指揮命令系統が複雑になりがちです。
  • 事業部制組織の説明です。
  • 正しい。マトリックス組織の説明です。
  • 職能別組織の説明です。
  • プロジェクト組織の説明です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop