情報セキュリティマネジメント 平成29年秋期 午前問35

午前問35

インストール台数を条件とするソフトウェアライセンスに基づき,法人でPC100台分のソフトウェアXのライセンスを購入し,ライセンス分のインストールを実施した。その後の対応で使用許諾契約を遵守しているものはどれか。
  • PC10台を他部署へ移動させたが,ディスク内のソフトウェアXは消去せず,移動先でそのまま使用した。
  • 新規にPC10台を購入し,ソフトウェアXをインストールしたが,ライセンスの追加購入はしなかった。
  • ソフトウェアXが販売停止となったので,ライセンス使用状況の管理を中止し,自由にインストールできるようにした。
  • ソフトウェアXを,PC100台を超えてインストールしたが,同時に利用しているPCを100台以下にした。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H21春期 問79

分類

ストラテジ系 » 法務 » 知的財産権

正解

解説

  • 正しい。PCを他部署へ移動しても、インストール台数に増減はないので問題ありません。
  • ソフトウェアXがインストールされたPCが合計110台になってしまうため契約違反です。
  • ソフトウェアの販売が停止されても、使用許諾契約が無効になるわけではありません。したがって契約違反です。
  • ソフトウェアのライセンス数は同時利用数ではなく、インストールされているPCの台数が基準になります。したがって契約違反です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop