情報セキュリティマネジメント 平成29年秋期 午前問34

午前問34

不正の利益を得る目的で,他社の商標名と類似したドメイン名を登録するなどの行為を規制する法律はどれか。
  • 独占禁止法
  • 特定商取引法
  • 不正アクセス禁止法
  • 不正競争防止法

分類

ストラテジ系 » 法務 » 知的財産権

正解

解説

不正競争防止法は、事業者間の公正な競争と国際約束の的確な実施を確保するため、不正競争の防止を目的として設けられた法律です。
この法律の第2条には「不正競争」に該当する行為が定められており、ドメイン名については、
  • 不正の利益を得る目的で、又は他人に損害を加える目的がある
  • 他人の特定商品等表示(人の業務に係る氏名、商号、商標、標章)と類似している
  • 使用する権利をもつ、または保有し、そのドメイン名を使用する
という3つの要件を満たした場合には不正競争となると規定されています。ドメイン名については、キーボードのタイプミスを狙ったり、有名ブランドと類似したドメイン名を使用してビジネスを行うなどの行為が横行したために不正競争防止法での規制対象となっています。
  • 独占禁止法は、私的独占、不当な取引制限(カルテル、入札談合等)、不公正な取引方法などの行為を規制し、公正で自由な市場メカニズムを確保するための法律です。
  • 特定商取引法(特商法)は、特定商取引を公正にし、購入者等が受けることのある損害の防止を図ることにより、購入者等の利益を保護することを目的とする法律です。
  • 不正アクセス禁止法は、ネットワークに接続できる環境で、本人に許可なく他人のID・パスワードを使って認証が必要なページに接続することなどの禁止を定めた法律です。
  • 正しい。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop