情報セキュリティマネジメント 平成29年秋期 午前問47

午前問47

IPv4において,インターネット接続用ルータのNAT機能の説明として,適切なものはどれか。
  • インターネットへのアクセスをキャッシュしておくことによって,その後に同じIPアドレスのWebサイトへアクセスする場合,表示を高速化できる機能である。
  • 通信中のIPパケットを検査して,インターネットからの攻撃や侵入を検知する機能である。
  • 特定の端末宛てのIPパケットだけを通過させる機能である。
  • プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを相互に変換する機能である。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H20秋期 問53
  • 基本情報技術者 H22春期 問36
  • ソフトウェア開発技術者 H18秋期 問58

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク方式

正解

解説

NAT(Network Address Translation)とは、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを1対1で相互に変換する技術です。複数の端末が同時にインターネットに接続する場合には、それに対応する数のグローバルIPアドレスが必要になります。
47.gif/image-size:515×201
  • プロキシやWebブラウザなどが持つキャッシュ機能の説明です。
  • IDS(侵入検知システム)やWAFがもつ機能です。
  • ファイアウォールがもつパケットフィルタリングの機能です。
  • 正しい。NATの機能です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop