情報セキュリティマネジメント 平成29年春期 午前問15

午前問15

ディジタルフォレンジックスの説明として,適切なものはどれか。
  • あらかじめ設定した運用基準に従って,メールサーバを通過する送受信メールをフィルタリングすること
  • 外部からの攻撃や不正なアクセスからサーバを防御すること
  • 磁気ディスクなどの書換え可能な記憶媒体を廃棄する前に,単に初期化するだけではデータを復元できる可能性があるので,任意のデータ列で上書きすること
  • 不正アクセスなどコンピュータに関する犯罪に対して法的な証拠性を確保できるように,原因究明に必要な情報の保全,収集,分析をすること
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H26春期 問41
  • 応用情報技術者 H27秋期 問43
  • 情報セキュリティ H21秋期 問9

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策

正解

解説

ディジタルフォレンジックス(コンピュータフォレンジックス)は、不正アクセスや情報漏えいなどのセキュリティインシデントの発生時に、原因究明や法的証拠を保全するために対象となる電子的記録を収集・解析することです。

したがって「エ」が適切な記述です。
  • 電子メールフィルタリングの説明です。
  • ファイアウォールなどの説明です。
  • 上書きによる物理フォーマットの説明です。
  • 正しい。ディジタルフォレンジックスの説明です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop