情報セキュリティマネジメント 平成29年春期 午前問30

午前問30

Webサーバの検査におけるポートスキャナの利用目的はどれか。
  • Webサーバで稼働しているサービスを列挙して,不要なサービスが稼働していないことを確認する。
  • Webサーバの利用者IDの管理状況を運用者に確認して,情報セキュリティポリシからの逸脱がないことを調べる。
  • Webサーバへのアクセス履歴を解析して,不正利用を検出する。
  • 正規の利用者IDでログインし,Webサーバのコンテンツを直接確認して,コンテンツの脆(ぜい)弱性を検出する。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H26秋期 問45

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策

正解

解説

ポートスキャナ(Port Scanner)は、検査対象のコンピュータやルータの全て(または特定範囲)の通信ポートに信号を送ることで、サービスの稼働状態を外部から調査するツールです。
このポートを調査する行為をポートスキャンといい、セキュリティ上の問題のあるサービスや、既知のセキュリティホールがそのままになっているサービスの検出を目的として行われます。
代表的なポートスキャナにオープンソースソフトウェアのNmap(Network Mapper)があります。

したがって適切な記述は「ア」です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop