情報セキュリティマネジメント 平成29年春期 午前問40

午前問40

システムの利用部門の利用者と情報システム部門の運用者が合同で,システムの運用テストを実施する。利用者が優先して確認すべき事項はどれか。
  • オンライン処理,バッチ処理などが,運用手順どおりに稼働すること
  • 決められた業務手順どおりに,システムが稼働すること
  • 全てのアプリケーションプログラムが仕様書どおりに機能すること
  • 目標とする性能要件を満たしていること
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H27春期 問55

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスの設計・移行

正解

解説

運用テストは、システムの利用者が業務の流れに沿ってシステムのテストを行い、実際の稼働状況において不具合が発生しないかを検証するために実施されるテストです。

利用者側の立場で優先して確認すべき事項は、業務手順(利用手順)どおりにシステムが動作し、問題なく業務を行えるかという点になります。したがって「イ」が適切です。
  • 運用手順どおりに稼働するかは情報システム部門の運用者が確認します。
  • 正しい。
  • 情報システム部門で確認する事項です。
  • 情報システム部門で確認する事項です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop