情報セキュリティマネジメント 平成29年春期 午前問44

午前問44

ホットスタンバイ方式を採用したシステム構成の特徴はどれか。
  • 現用系が故障すると,現用系に対応した待機系に手動で切り替える。正常時には,待機系をバッチジョブに利用できるので,高いシステム稼働率が実現できる。
  • 現用系が故障すると,動作状態にある待機系に自動で迅速に切り替える。故障が発生したことを利用者に感じさせないような切替えが実現できる。
  • システムを3重に冗長化して並列運転し,それらの処理結果の多数決をとって出力する。高い信頼性が実現できる。
  • ネットワークが異なる複数台の現用系マシンのいずれかが故障すると,1台の予備機を立ち上げて,ネットワークや制御を自動的に切り替える。費用を抑えながら高い可用性が実現できる。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

ホットスタンバイとは、現用系と予備系の2系統で構成されるデュプレックスシステムの一形態です。現用・予備の2台で構成されるシステムは、予備系の待機状態と、障害発生時のシステム切替えに要する時間から、コールドスタンバイ、ウォームスタンバイ、ホットスタンバイの3つに分類されます。
コールドスタンバイ
電源を切った状態で予備系を待機させておく方式。障害発生時には、予備系の電源を入れた後、業務システムを立ち上げて現用系の処理を引き継ぐ。
ウォームスタンバイ
予備系の電源を入れOSを立ち上げておくが、業務システムは起動させない状態で待機させておく方式。待機時にバッチ処理などを行わせることもある。切り替えにはアプリケーションの起動などの何らかの手作業が必要になる。
ホットスタンバイ
あらかじめ現用系と同様のシステムを予備系として起動しておき、障害発生時には自動的に処理を引き継ぎ、シームレスに業務を継続する方式。
  • 待機時にも電源が入っていること、および切り換えを手動で行うことからウォームスタンバイと判断できます。
  • 正しい。切り換え時間がほぼゼロなのでホットスタンバイと判断できます。
  • 三重多数決システムの説明です。
  • 引き継ぎ時に電源投入から始めるのでコールドスタンバイと判断できます。
© 2015-2018 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop